給湯器を選ぼう

非常に使い勝手の良い給湯器。いまや家のあらゆる場所で活躍してくれます。 給湯器のほとんどはガスを使用したものですが、最近では電気とあわせたハイブリッドタイプも出ています。いずれにせよ新型になればなるほど熱効率は良く、光熱費の節約にもなるでしょう。 給湯器にはさまざまなタイプがあって、キッチンで使う簡易的な瞬間湯沸器やシャワーにも使用できるタイプ、床暖房やお風呂の追い焚きができるタイプなど、その用途と目的に合わせて選べることができます。また設置場所を自由に変えられるタイプもあって、どんな家の構造にも対応しているものもあります。 古くなると熱効率も悪くなり、仮に修理するにしても高額になることがあるので、そのときは買い替えたほうが得かもしれません。

気になる値段ですが、先述したようにどのタイプを選ぶかで金額の差がでてきます。たとえばキッチン・シャワー・暖房乾燥・追い焚きといったすべてを完備したものですと、20万から30万円近くになるのもあります。たとえば追い焚きと暖房を無くす、もしくは風呂専用など、用途を限定すれば値段は一気に下がって、10万円を切ってきます。住環境によっては設置できないタイプもあるので注意が必要です。 最新の給湯器はエコを重視したものが多いので、たとえ初期費用がかかったとしても、長い目で見ると得になることもあります。 どの商品も耐用年数が10年前後となっていますが、使用頻度や定期的なメンテナンスによって寿命が前後することがあります。