Best Sake Sell

お酒の買取価格を少しでもアップさせる方法を伝授!

買取店を利用する方法

査定を受け売却する

マネー

最近はリサイクル意識の高まりから、さまざまな商品を買取業者が買取をしており利用者も増加中です。買取店の形態は、幅広い分野の商品を取り扱っている店舗、ある商品に特化した店舗とさまざまあり、この特価した店舗の中にお酒買取店があります。お酒買取店には、ウィスキー、ブランデー、ワイン、日本酒・焼酎などを取り扱っています。お酒買取店の仕組みはどんような感じかというと、まず最初に売却したいお酒の査定を受けます。査定は店舗まで出向いて受けることもできますし、オンライン査定、SNS、FAXや電話でも可能です。オンライン査定では、名前や連絡先等の必要な情報を入力し、ボトルの全体、ラベルの正面、ラベル裏側、ボトルの底面、キャップ部分の写真をオンライン上から送付することで査定を受けます。SNSでもオンライン査定と同様に写真を送り、FAXでは銘柄を記入して送付、電話ではお酒についての質問に答えるという形です。そして、査定を受けた後は見積金額が業者側から送られてくるので、この金額で良いと思うなら売却という流れになります。商品は店舗に持ち込むことも宅配で送り届けることもでき、出張の買い取りに対応しているところもあリます。宅配はお酒を届ける際の梱包するケースが送られてくるので、これに商品を梱包してお酒買取店に送り返します。出張はお酒の本数が多く運搬が困難な場合に利用されており、連絡をすると自宅まで引き取りに来てもらえるシステムです。このように、お酒を取り扱っている買取店もあるので、自宅に飲まずにおいてあるウィスキーやブランデーがあるといった方は利用してみるといいでしょう。

保存状態が買取に影響

電卓

お中元やお歳暮でビールセットなどのお酒を貰うことがありますが、お酒が飲めない人は処分に困ってしまいます。そんなときに利用したいのがお酒買取です。お酒買取は宅配買取が主流ですが、最近では町の酒屋さんやリサイクルショップでも取り扱いが増えてきました。もちろん未開封であることが前提ですが、何でも買取ってもらえる訳では無く、お酒買取してもらうときにはある程度の条件があります。まず、買取ってもらえない可能性が高いものは、液漏れしているお酒です。液漏れしているということはキャップなどの蓋に何らかの問題があることになり、中身の品質が劣化しているためです。同様に蓋部分がガタついたりしているものも買取されない確率が高いです。次に賞味期限切れですが、希少価値が高いお酒や高級品であれば買取ってもらえる可能性が高いですが、一般的なお酒であれば買取は難しいでしょう。また、保存状態が悪いものも買取は難しいです。特にワインは酸化しやすいため、コルクがキャップがしっかりしていても色が変化しているものは買取してもらえない可能性が高いです。なお、ラベルの一部が剥がれていたり化粧箱に劣化があるものは、お酒の価値にもよりますが査定額は下がるものの買取ってもらえる場合が多いようです。貰ったばかりのビールセットなどは、査定額は高くはありませんが問題なく買い取ってもらえるでしょう。飲まないお酒があったら、買取に出す前に一度じっくりと見てみることが大切です。それから、お酒買取の方法は専用フォームや電話などいろいろありますので、古くなって品質が落ちてしまう前に早めに連絡するのが良いでしょう。

高価格になるためには

お金

贈答品やお土産などの贈り物で自宅や実家に余っているお酒がある場合は、お酒買取専門の業者に依頼するとお得です。専門のお酒買取業者に依頼することで自分ではよく価値がわからないお酒でも、高い金額で買い取ってもらえます。そんな余ったお酒を売りたいのであれば、いくつかのポイントを知っておくと便利です。まず買取業者は品質の良いお酒を求めているので、できるだけ早くお酒を査定に出すことが大切です。ただ家にお酒を置いておくだけでも経年劣化により箱が痛んだり、味が落ちたりする可能性があります。なので、買い取ってもらいたい、売りたいと考えるならできるだけ早く行動に移しましょう。また木箱や化粧箱にしまってあったお酒の場合は、できるだけその箱や付属品を探し出して用意しておきましょう。付属品の有無で査定額も大きな影響を受けることがあります。なので、できるだけマイナス査定にならないようにお酒自体を万全の状態にしておく必要があります。またお酒のボトルや箱が汚れているのなら、きれいに拭いておき、査定の際の印象を良くしておくことも大切です。できるだけ高い金額で買い取ってもらう場合は様々なことへの配慮が必要です。お酒買取時は本人確認が必要になるので、事前に運転免許証や保険証やパスポートなどを用意しておきましょう。またお酒買取にはいくつかの種類があり、宅配買取や出張買取、店舗買取が主になります。それぞれで用途が違うので自分やお酒にあった買取方法を選びましょう。