原因を知ろう

給湯器は温かいお湯を使うのに欠かせない設備です。しかし、ちょっとしたことがきっかけでお湯が出なくなったり、温度調整ができなくなったり、点火に不良が起こったりすることがあります。また、ベランダに給湯器があるマンションだと冬場に凍結して水が漏れてくることもあります。トラブルが起こったらまずは自分で原因を調べて見る事です。お湯が出ない場合は電源がしっかり入っているか、ガス栓が全開になっているか、水抜き栓のフィルターが汚れていないかなどを確認します。そうした意外と単純な理由が原因になっていることもありえます。冬場に凍結してしまった場合は、給水や給湯配管などを保温するとしだいにお湯が出るようになります。

もしも給湯器が水漏れしてしまっていたら、まずは口元のバルブを閉めます。比較的新しい給湯器の水漏れは、長期間家を留守にしているときや、給湯器が北側に設置されている場合に起こることが多いようです。その場合の対策としては家を留守にするときは本体の水を抜いておくこと、北側に置いてある給湯器は風が当たらないように風よけ対策をしておくことなどが有効です。古い給湯器の水漏れの場合は、給湯器本体の経年による劣化が原因の可能性があります。その場合は給湯器のメーカーに連絡をして修理をしてもらうか、新しいものに交換してもらうことです。部品の交換や修理をしてもらうよりも新しい給湯器に交換するほうが安く済む場合もあります。