Best Sake Sell

お酒の買取価格wを少しでもアップさせる方法を伝授!

嗜好品に関するサービス

人気を集めている訳

お酒

最近、お酒の買取業者が人気を集めています。
これは飲まずに保管していたお酒の買取を行うサービスのことで、ヴィンテージもののウイスキーやワインなどの場合は高値がつくこともあります。
ただし、お酒の買取は未開封のものに限られます。
また、外箱が残っているものは査定額がより高くなる傾向にあるため捨てずにとっておくことが大事です。
お酒の買取サービスを上手に活用することで、自宅で眠っていた未開封のお酒を換金することができます。
また、稀少性の高いお酒であればあるほど買取額が跳ね上がるため困った時の臨時収入として期待できます。
お酒の本数が多い場合には出張買取サービスが用意されているため、運ぶ手間が省けて便利です。
お酒の買取業者では、買取と同時に販売も行われています。
通常よりも安い価格で購入できるため、普段からよく飲酒をするという人に最適です。
買取された古いお酒は、いずれも販売のために綺麗に洗浄と消毒が行われています。
ラッピングにも対応してもらえるため、贈答用に購入することもできます。
最近では、インターネットから買取や購入の申し込みを受け付けている業者も登場しています。
インターネットから申し込む場合には、年齢を証明するために身分証明書等のコピーが必要です。
こういった業者であれば、地方在住で近くに店舗がない場合でも気軽に利用することができます。
いつでもどこでも利用できるという手軽さも人気の理由の一つとなっています。

ポイントを押さえましょう

飲料

お中元などでもらったお酒が飲みきれない場合は買取専門店で売却しましょう。
買取専門店ならワインやウイスキーなど幅広い銘柄を買取してもらえます。
たとえばウイスキーであれば、スコッチやアメリカンをはじめジャパニーズやアイリッシュなどはとくに人気が高いので常に高価買取をしています。
またワインであれば、ボルドーやブルゴーニュなどで知られるフランスワインをはじめスペイン産やイタリア産などであればプレミア価格も期待できます。
お酒を少しでも高値で買取してもらうためにはちょっとしたコツがあります。
まずお酒を買取専門店に持ち込む前にボトルはきれいに磨いておきましょう。
ホコリなどをきれいに拭っておけばそれだけで買取価格がアップします。
ただしラベルなどがはがれかかっている場合は、取り除かずに状態を維持したまま持ち込むようにするのが高価買取のポイントです。
また付属品がある場合はそれらも一緒に持ち込むようにします。
とくに箱やグラスが付属している場合はワンセットで評価してもらえるので、お酒のみを持ち込んだときよりもワンランク上の査定をしてもらうことができます。
お酒は保存状態も重要なポイントとなります。
とくにウイスキーやワインは紫外線や温度変化に弱いので、できればワインセラーやキャビネットなど管理がしやすい場所で保存しておくようにしましょう。
このようなポイントを踏まえたうえで買取専門店に持ち込めば、通常よりも高額査定を期待することができます。

サイト経由でお店を探そう

アルコール

アルコール類は贈答品でよくもらうため、飲まないまま家に置きっぱなしということも珍しくありません。
そんな飲む予定がないお酒は、大掃除がてら思い切って買取に出してしまいましょう。
その方がスペースも空くうえ、現金が手に入るのでお得です。
ただお酒の買取といっても、どこに売っても同じ結果が出るとは限りません。
やはりお酒といえど、他の中古品の買取のようにショップ次第では大きく値段が変わってきます。
そのためお酒を買取に出す場合は、その点を踏まえたうえでショップを探すようにしましょう。
その際はやみくもに引取り先を探すよりも、お酒の買取額を比較してくれるサイトを利用すると便利です。
その方がショップ探しに時間をかけずにすむうえ、よりお酒を高価買取してくれるところを見つけられます。
またそういったサイトではお酒の買取先の情報も詳しく掲載していることがほとんどです。
たとえば商品の知識や人気商品の紹介など、お酒買取の経験がない初心者にとっても役立つ情報が満載なので、そんな意味でも役に立ってくれるはずです。
さらにカスタマーサポートが充実している比較サイトなら、電話やメールで個別に問い合わせることができます。
そういう丁寧なサポート付きなら、初めて利用するお店でも安心して任せることができるでしょう。
基本的に個人でお酒の買取をする機会というのはそれほど多くないので、やり取りで不慣れな部分がどうしても出てしまいます。
でもこれらのサイトであらかじめ予備知識を得ておけば、かなり余裕を持った取引が可能になるでしょう。
そのためにも、まず比較サイトを訪問してからお酒の買取をするショップを決めることを勧めます。